センサー式

aco|2021年2月19日

先日、ずっと使っていたハンドソープのボトルが落としてへこんでしまったので、
買い換えようとネットでいろいろ眺めていたのですが、
やはりコロナの影響で非接触タイプが人気のようで、
以前でしたら「押すだけのこと。わざわざ自動にせんでも…」と思ったんでしょうが、
私もこの機会にセンサー式のソープディスペンサーを試してみることにしたのです。

いざ設置してみると、自動で泡が出るなんて今やそんな珍しいもんでもないんですが、
手を差し出すと「ミ゛ー」という音がして泡が出るのが楽しくて、
続けてやっても出るかしらと確認のために手を差し出すとまた泡が出て、
それがうれしくてまた手を出して泡を出して…をしばらく繰り返し、はたと我に返るのです。

ちなみに、今年の冬はトイレにも人感センサー式の小さな音風ヒーターを入れました。
入った瞬間「ハッ、いらっしゃいましたね!」とさっそく温風を吹き出します。

こちらも、しばらく遊んだ後、いかにセンサーに察知されずにトイレに入るかを試みています。
ルパン三世ごっこです。
すごく素早く入ると温風ヒーターに気づかれずトイレに侵入することができるのですよ。
お尻が寒いだけですからおすすめはしません、が。

writer ライター
aco
長野県は飯田市で生まれ育ちました。その後は三重県やイギリスなどで数年間生活し、現在はアロマセラピストとして、吉祥寺で個人サロンを経営しています。大好きな吉祥寺での生活や、奥深い香りの世界、日々のトリートメントへの想いなどを綴って参りたいと思います。最近無性にトランポリンをしたいのです。どこかにトランポリン場がありましたらご一報下さい。

mooa ホームページ
http://mooa.moo.jp/