スノートレッキング

コトヒラガクト|2021年2月8日

我慢できずに先日、晴れた平日に出かけた。

1人、車で向かったのは東京ギリギリの場所。
前日の降雪で、普段ならそんなに積雪がひどくない場所だったが
予想以上の積雪でびっくりした。

しかし、まとまった雪が積もっている道を歩くのは久しぶりなので
気分が上昇。
おまけに申し分のない晴天ときている。

この日は山のピークは目指さずに、ひたすら里山を散策した。
スノーキャンプも考えたが
装備を重くしたくなかったので
日帰りとなったが、それでも存分に雪道歩きを楽しめる。

普段なら、なんでもない里山の風景だが
ひとたび雪を纏うと、ここまで美しくなるのだと
1人コーヒーを飲みながら感心していたら
少し離れた森の中にうさぎの姿を発見。
静寂の白い森の中で、カサカサという音と共に
かわいいお尻を見せながら先を急ぐうさぎの姿には心が和んだ。

良かった!
張りつめていた心の奥に暖かいものが流れ始めるのを感じられた。

writer ライター
コトヒラガクト
親の影響で幼い頃から山や川に慣れ親しんでいたので
今だにその影響が持続している40代の自由人
(仕事はしております)
特に、早朝の山と夕暮れの川の景色が好きです。
ちょっとのスキに、どこでもいいので自然が感じられるところへ
出かける時間を作っている。