コトバのちから

beer|2020年12月11日

先日いつも行くバーからお葉書が届いてました。

ある先生を偲んでぜひ一杯飲みにきてくださいと。

このバーは小説家でありコピーライターの開高健さんが通っていた場所です。

今でも開高健好きが集まる素敵な場所で、

ゆっくりとした時間が流れています。

本当に一杯だけのつもりが二杯になってしまったのは、まぁ仕方ないとして。


帰り際にいただいたポストカード

数種類ある中からパッと差し出されたのがこちらでした。

朝露の一滴にも天と地が映っている

小説の一部ですが、

なんだろうな、今の私にとても沁みる言葉でした。

コトバって人を癒すこともできるし刺すこともできてしまう

だから大切にしなくてはいけないのに

つい日常に追われて、ふと思いもしない言葉を発してしまう時があって…

改めてコトバのチカラを感じた時間でした

writer ライター
beer
From.Tokyo

食べることが大好き。
花よりだんご。
This Is My Life

Be a lovely lady is the goal...:)