ほっこりバースデー

ケーシー綾子|2020年11月24日

私事ですが先日は誕生日でした。
今年は自分自身の節目の年でもあったので友人達とパーティーしよう!と
年初の頃には考えていましたがコロナ禍なので諦めました。

そうして迎えた誕生日の日。
夫がセッティングしてくれた朝食と娘のバースデーソングで始まりました。
ゆるゆるとのんびりおしゃべりしながらあっという間にお昼時。
散策に出掛け、買い物も楽しんでから天空のカフェでちょっと一息。

小春日和の青空を見上げるのは久しぶりでした。
頭上を飛ぶ飛行機が頻繁に飛んでいるというのは嬉しいものでした。
コーヒー片手にまったりしていると
「ママ、お友達と集まれないから私が誕生日パーティー開いてあげるよ!」と、
娘がSwitchを取り出しました。「あつ森」に私のアバターが登場していて、
住民達に囲まれたと思ったら、わちゃわちゃと誘導されてハッピーバースデーコール!
バースデーケーキのろうそくを消してバースデーウイッシュからのピニャータ割りや
バースデーカップケーキをもらったり、
2次元の中で繰り広げられるイベントで沢山祝ってもらいました。

実は操作が全く解らない私。結構楽しかったです(笑)
気づくとすっかり空はオレンジ色にで大きな富士山を眺める時間となっていました。
早めのディナーを予約していたので慌ててレストランに向かいました。

落ち着いた大人なレストランですが子供にも優しいと定評のあるお店でした。
席に着くなり「!?」。娘の白い布ナプキンには娘の名前が刺繍されていました!
良かったら持ち帰って使って下さいねと言われ私たちも娘も大感激。
更に娘の好きなキャラクターの話をしていたら、娘のホットドリンクにはそのキャラクターが。。。
どうやって用意したの!?と思う早業にまたまたびっくりでした。
食後のデザートをいただく際に外のテラスに移動しましたが、
テーブルがコタツ仕様になっていてとっても暖かく、いつまでもいたいくらいのリラックス感でした。

友達と一緒に集まることはできませんでしたが、
私だけでなく家族みんなが楽しんだ普通だけどとっても暖かい一日となりました。
来年は友人達と集まって出来ますようにと祈りながら、家族に感謝する誕生日でした。

writer ライター
ケーシー綾子
ファッションデザイナー、広告代理店、雑誌&HP編集、国内外のイベントプロデュース等様々なオシゴトを経験。現在はひょっこり授かった娘の育児に奮闘中。アートと自然を巡る旅が大好き。日常や旅先で出会う小さな発見に大感動するハッピーさん。