みつばちの災難

多羅尾 伴内|2020年10月28日

(前回からの続き)以前からニホンミツバチを飼育したいと思ってた。
知人が飼育して採蜜した話を聞いたり、
蜜蝋でろうそくを作る知人がいたり...
丁度図書館でニホンミツバチの飼育と生態の本を借りて読んでた。
そしてここサムライファームの母屋の床下に
小さなニホンミツバチが出入りしている。
なんとか分蜂の時期に確保できないかと巣箱を準備した。
でも今年は失敗...

その巣箱を作った次男坊がいきなりやってきて....変身!
巣の位置と大きさを確認して、畳をあげて、床下へ...

蜂もびっくりしただろうに...でも彼らは、そばにいても刺すこともない
私と友人は農作業で週一程度来るので、声を覚えているかもと次男坊は言う。

蜜は梅干しを漬けるビンの半分くらい採取できたそうで、
そのうちに不純物を取り除いて持ってきてくれるだろう。
その一週間後に行ってみると、床下に働き蜂たちが出入りしていた。
来春は何とか巣箱に確保して飼育してみたい。可愛いい蜂たちよ。

writer ライター
多羅尾 伴内
酒と旅と歌をこよなく愛し、
それらが焚き火とともにあれば、千夜一夜の話を紡ぎ出す…
そんなステキな話をお伝え出来れば…遥か九州の地より、愛を込めて