シーズン最後の日

編集部|2020年10月1日


今日から10月です。
早いのもで年末という言葉がちらほら聞こえてくる季節になりました。

さて、昨日9/30は私たち渓流釣りをする人間にとって
ほとんどの渓がシーズン終了で、禁漁シーズンに入ります。
また3月までの間は釣り道具のメンテナンスをしたり
今度はキャンプなどの道具を出し入れする日々となります。

最終日
アウトドアに無縁な日々を送っている友人を誘って
ラスト釣行に出かけました。
山梨の行きなれた場所です。
電車とバスを乗り継ぎ、道路からも近いところから入渓出来る場所なので
数時間、ピクニック気分で待ってもらっても大丈夫な場所を選びました。

お天気は最高のコンディション。
川の水は少し渇水気味ですが、釣りにはなる。
着替えて、早々に渓に立つと
流石に10月になろうかという季節だけに
風は冷たく、水温も多少低め。
でも、快晴のお天気なので気分は上々。

そこそこ魚も出てくれて
きちんとネットを使う釣りが出来て幸せ。

渓のまわりはすっかり秋の気配。
平日ということもあり、人も少なく
鳥のさえずりと川の流れの音以外はなにもしない。
色んな事が起こり過ぎた今年のシーズンも今日が最後。

同行してくれた友人とお昼とお茶を楽しみ
山の景色にお別れしました。

さて!今月から気持ちをガラリと変えて
頑張らなくては!

writer ライター
編集部
射手座・A型、夫と2匹のネコと同居中
趣味のフライフィッシングをいつまで続けられるかが最大のテーマ。
昔流行った「脳内メーカー」によると
私の頭はすべて「食」によって構成されているようです。
しかし食以外でも、人の手が関わった仕事やモノ・コトが大好きです。