シーズン終了

編集部|2020年9月24日

お彼岸のお墓参りを済まし
その足で、今シーズン最後の釣りへ出かけました。

今回は娘と2人での釣行。
これは初めての事。
女2人で渓へ入るのは初めてです(1人はありますが・・・)


当初、曇りの予報だった越後でしたが
嬉しいことに釣りをしている間は青空が広がり
秋晴れの気持ちのいい渓を歩く事が出来ました。

コンディションは渇水で水温は低くいまいちでしたが
9月最後に山を愛でながら渓流散歩が出来るだけでも満足です。

ようやく釣れたのは手のひらサイズの小さなイワナですが
小さくても魚の顔をみれただけでも良しとしなくては。

そう思っていた矢先に娘はそこそこのサイズのイワナを釣り上げて大騒ぎ
いつもなら、同行してくれる男性陣が優しくランディングをサポートしてくれるのですが
何といっても、この日は私だけ。
なんとか釣った魚を川岸の岩で囲ったスペースへ置いて
写真を撮ることが出来ました。

今年のシーズンはコロナの影響でどうなるかと思っていましたが
なんだかんだ言っても、それなりに釣りを楽しむ事が出来ました。
本当に感謝しなくてはいけません。

おかげで、週明けからの少ししんどい仕事の事も忘れる事が出来た。
というより、自然の力を貰って気構えが出来ました。

気持ちのいい秋風に吹かれながら脱渓した道は
ススキが太陽に照らさせて輝いていました。

writer ライター
編集部
射手座・A型、夫と2匹のネコと同居中
趣味のフライフィッシングをいつまで続けられるかが最大のテーマ。
昔流行った「脳内メーカー」によると
私の頭はすべて「食」によって構成されているようです。
しかし食以外でも、人の手が関わった仕事やモノ・コトが大好きです。