坂の上のモトクロス

多羅尾 伴内|2020年9月17日


今は静岡の磐田市に住んでいる高校時代の同級生から、突然写真が送られてきた
昨年退院後に見舞いに来てくれたので、1年ぶりのコンタクト
サムライファームの友人たちはラインで時々やり取りしているようだが、
こちらはもう、携帯も捨てようかなぁ...なんて程度なんで、久々のキャッチボール

こいつは世界、特にアフリカや中南米等、バイクの普及で飛び回っていた
もとはといえば、モトクロスのプロライダーだった 
高校時代からその道を目指していて 華々しい活躍をした奴だ
当時のニックネームは「コンコルド藤」 

プロになる前の段階のエキスパート・ジュニアの頃は伸び盛りで速かったなぁ
プロ契約してからも 年少だったけど 並み居る先輩ライダーに「どけどけ!」と
叫びながら追い抜いて行ってたなぁ 速かったなぁ
友人たちとあっちこっちのレース場へ応援に行ってた
東京時代も桶川の河川敷に行った記憶がある 

「1」 のゼッケンは取れず 「2」止まりだったけど 評価は高かった
引退レースも催してもらった 熱くて面白い男だったなぁ

いまでもBMWのバイクでウロウロしている 根っからのバイク好きなんでしょうね

writer ライター
多羅尾 伴内
酒と旅と歌をこよなく愛し、
それらが焚き火とともにあれば、千夜一夜の話を紡ぎ出す…
そんなステキな話をお伝え出来れば…遥か九州の地より、愛を込めて