花切りじいさんの悲しみ

多羅尾 伴内|2020年4月30日

さくらが去り、今は藤の花房が垂れてます。
窓外の山を春が登っていきます。
山笑う季節到来です。つつじの季節でもあります。

九州は久留米つつじ、平戸つつじ、
ミヤマキリシマ、アケボノツツジ等、新緑と相対して3Dに映えます。
これからが楽しみですね。
もし体力と環境が整えば、九重に登り、ミヤマキリシマをご紹介したいものです。

環境が整えば...と云いつつも、
地球の立場から言わせてもらえば、お前たち人間が細菌たい!
最近からじゃなく、ずーと昔から、お前たちは母なる地球を虫食んできとろうが!
注意を促すために、お前たちが天災で片づける罰を時折与えてきたが、
お前らの欲望は止めどないところまできたようだ。

さて、今回のウイルスをどう受け止める?
お前らの態度次第では、地球そのものをどうするか、考える時がきたのかもしれない。
映画「猿の惑星」の最後の場面、海辺に朽ち果てる自由の女神像...
そうならないために、何か改めんといかんねぇ。
身体と地球環境に負荷をかけていることから..
そう、小さなことから、始めてみようか!

writer ライター
多羅尾 伴内
酒と旅と歌をこよなく愛し、
それらが焚き火とともにあれば、千夜一夜の話を紡ぎ出す…
そんなステキな話をお伝え出来れば…遥か九州の地より、愛を込めて