ちくわぶよ、どこへ行く

中館慶子|2020年2月1日

寒い日のホームパーティーといえば。
日本人はやはり鍋でしょう。

あんな鍋、こんな鍋、と
いろいろな鍋料理にトライしてみるものの、
ある日ふと気づいてしまった。
「おでん」はなかなか出番がないことに。
だからというわけでもないが、
たまにはおでんにもスポットライトを浴びさせようと
ぐつぐつと煮込んでみた。

北海道生まれの自分は
「ちくわぶ」を投入する習慣がなく
今回はどうするか問題もあったけれど、
とりあえず仲間に混ぜたろう、と。
ところが。
あれやこれやといろいろ欲張っているうちに
鍋から具材がはみ出しそうになり。
まあ、いいか。となり。

「ちくわぶ」は冷蔵庫で暗く冷たく沈黙を守ることに。
他のキャストたちは
お出汁のお風呂でぬくぬくしているというのに。

話は変わるが、この「ちくわぶ」。
きな粉とお砂糖をまぶして
おやつにもなるんだとか。
カヌレとかも。すごい。
扱い慣れない食材は新しい発見があって楽しいけれど
まずは正統派のおでんで堪能してみるか。

翌日、残ったお出汁に無事投入しました。

writer ライター
中館慶子
北海道生まれ。
仕事でもプライベートでも、どっぷり活字と深い仲。
よく食べ・よく飲み・よく眠り、
合間を縫ってはホットヨガでツリーポーズ。
走ることも大好きで、夢は、いつかはフルマラソン!
わくわくする場所は海と本屋さん。