編集部|2020年1月22日

数年前から、季節の訪れがちぐはぐで
草花も芽吹きの時期を勘違いしたり、間違えたりと
不安に感じる事も多くなりましたが
暖冬だと思っていた今年の冬も
ようやく寒さが厳しい時期になりました。

寒さが厳しくなると
やはり、春が恋しくなります。
これだけ暖冬に慣れていても
本格的な春の足音を感じると気分が軽くなります。

私は、花の蕾の膨らみを見つけると
春を感じて、気持ちが高揚します。
先日も、会社近くの歩道の植栽の中に梅の木があり、
あともうすこしで開花する蕾を見つけて嬉しくなりました。

自然の中にある蕾は勿論素敵ですが、
この時期に必ず購入するのが
根洗いされたヒヤシンスの球根です。
温かい部屋で水栽培するのがとても好きなのです。
日々、蕾が大きくなり、鮮やかな色とともに花が咲き始めると
とてもいい香りが漂います。

毎年2~3個買うのですが、
数年前から花咲きが終わった球根を地植えしたところ
毎年、芽を出してくれるようになったので
買ったヒヤシンスが開花のピークを過ぎた頃に
タイミングよく綺麗に花を咲かせてくれるので
それを楽しみにしています。

今年も、3つの球根から濃い緑の葉が伸びてきていました。

writer ライター
編集部
射手座・A型、夫と2匹のネコと同居中
趣味のフライフィッシングをいつまで続けられるかが最大のテーマ。
昔流行った「脳内メーカー」によると
私の頭はすべて「食」によって構成されているようです。
しかし食以外でも、人の手が関わった仕事やモノ・コトが大好きです。