豊洲市場 もっと色気がほしいじょー

aco|2019年11月15日

11 月のあたま、初めて豊洲市場に行ってきました。
せっかくなのでモーニング寿司を食べようではないか!
と、張り切って始発で向かいます。
日の出前の5:30 市場前駅で友人と落ち合い、
評判のお寿司屋さんに向かいました。

と、お寿司屋さんはよかったんですが、
たどり着くまでの豊洲市場のあまりの殺風景さに、
うすうす知ってはいたもののショックを受けました。
もうちょっとなんとかならないもんでしょか。
せめて飲食エリアの入り口の看板くらい、木目調にしてみるとか。

お寿司はよかったんですよ。
大変おいしゅうございましたよ。
美味しいお寿司、大好きです。
最後に好きな一貫が選べるというので、あなごにしました。
あったかくてふわふわで、最高に幸せでしたよ。

でも、一歩外に出ると「…もうちょいなんとか…」とどうしても思ってしまうのですよ。
物販エリアもそそくさと通り過ぎ、屋上緑化広場は景色はいいのですがやはり殺風景。
人もほとんどいないので、静かにぼーっとしたい時には逆にいいかもしれません。

いろいろ事情はあるのかもしれませんが、
「風情」って大事なんだなぁとつくづく感じました。
江戸の雰囲気…とまではいいませんが、もう少し色気があったら、
一人でも、友人を連れてでも、また行きますよ!

writer ライター
aco
長野県は飯田市で生まれ育ちました。その後は三重県やイギリスなどで数年間生活し、現在はアロマセラピストとして、吉祥寺で個人サロンを経営しています。大好きな吉祥寺での生活や、奥深い香りの世界、日々のトリートメントへの想いなどを綴って参りたいと思います。最近無性にトランポリンをしたいのです。どこかにトランポリン場がありましたらご一報下さい。

mooa ホームページ
http://mooa.moo.jp/