お彼岸

ecru|2019年9月28日

先週のお彼岸の入りの日に
お墓参りに行って来ました。

晴れた平日の早朝の墓地は
比較的、人も少なく
清清しい気分でお参りが出来ました。

東京と埼玉の県境にある墓地に行くには
我が家から3つ電車を乗り換えます。
3つめの電車に乗り込み、車窓から外を見ると
色づき始めた稲穂がなびく田んぼの畦道に
彼岸花が咲いていました。

墓地の遊歩道の傍らに白い彼岸花を見つけました。

赤は昔から、少し近寄りづらいイメージを持っていました。
火事花という異名も聞いたことがあって
切花にするのを嫌う地方も多いのではないでしょうか?

でも、白の彼岸花は彼岸花というよりも
「リコリス」という呼び名のほうがしっくりくるような気がします。
同じ彼岸花なのですが、
ダイヤモンドリリーにも似ていて
普通にお部屋に飾っても差し支えないような。

でも、やっぱり気が引けるのは
私も迷信を信じる年代だからなのでしょうか?(笑)

writer ライター
ecru
人工的ではない白・生成り
そんな色のモノをこよなく愛している私です。
趣味は家事。そして職業は主婦。
これも大事なことではないかな?と思っています。
この2つのキーワードってけっこう奥が深いのです。