夏の帰省その2

ケーシー綾子|2019年9月14日


ウェールズから電車でロンドンに入った私達。
数日間の滞在でしたが、大英博物館と自然史博物館やちょっと観光もしてみました♪

大英博物館では、終了間近の日本のマンガ展も開催されていました。興味はあったものの9才の娘にはピンと来ず入りませんでした。1日でまわるのは不可能なので、古代エジプト、ギリシャやローマなどを見たりと過ごしました。展示ではないのですが入口すぐのグレート・コートのホールがお気に入りです。空から捧ぐ光に照らされた空間がとても気持ちいいのです。今回はしませんでしたが、時間があればこの上のレストランで食事もお勧めです。そして自然史博物館ではほぼ一日滞在していました。隣接している科学博物館やV&A博物館も行きたかったのですが時間が足りないのでまた次回となりました。

ロンドンは古い建物のイメージもありますが、実は高層ビルも続々と建設されてもいます。そのうちの一つのスカイガーデンは高層展望台があり全面ガラス張りの天空庭園。友人家族とディナーで訪れ、食事前にロンドン市内の360度の展望を楽しみました。テムズ川とタワービリッジやロンドン塔。シティーの高層ビル郡、イギリス一の高層ビルのザ・シャードもサマータイムなので18時でも昼間のように明るくよく見えます。食事をしている間に夕陽が沈み、食事が終わるころには夜景が奇麗になっていました。朝ヨガなども出来るので次回は朝にも来てみたいなと思いました。

今回は世界遺産でもあるロンドン塔を初めて訪れました。城、宮殿、要塞、牢獄と様々な役割を担ったロンドン塔。スカイガーデンから全体が見れていたので解ってはいましたが結構広い!パフォーマンスに遭遇するとタイムスリップした感じも味わえます。投獄されたり処刑された人物の歴史も紹介され暗い部分もありますが、至宝を見れる「クラウン・ジュエル」は必見です。王室儀式で使用される王冠や宝石などまばゆいばかりの輝きにうっとりでした。そのお陰で明るくロンドン塔を後にできたといっても過言ではありません。ロンドン塔からはザ・シャードなどの近代建築や間近にある美しいタワーブリッジとのコントラストも楽しめます。

ロンドン塔を出てタワーブリッジを徒歩で渡り、ちょっとバスに乗ってバラ・マーケットに行きました。世界各国の料理や食材が並ぶ大好きなマーケットでロンドンに来たら必ず立ち寄りたい場所です。ここで友人家族と合流し、好みの食べ物を買ってランチをしました。

私と友人はきのこ屋さんのマッシュルームリゾットを購入。古代小麦のスペルトを使いガーリックやハーブが効いたクリームソースが様々なキノコの旨味と絡まって絶品でした!絞り立てのフレッシュジュースやスムージーも多種多様。娘はベリー系のスムージーに大満足でした。

お腹も満たされた後はテムズ川沿いを散歩しました。途中、パブに立ち寄って休憩したり、ミレニアムブリッジを渡ってセント・ポール大聖堂手前で美味しいジェラートを頬張りました。

ヒースロー空港へと向かうべく、ホテルからパディントン駅までで利用したタクシーは真新しくピカピカな真っ白いロンドンタクシーでした。しかもサンルーフ付き!すれ違う2階建てのロンドンバスや建物や木々。そして空まで見渡せる開放感がとっても気持ちいい!日本のタクシーも大型になったりロンドンタクシータイプだったりしているけどサンルーフ付きは流石にみたことがありません。ロンドンタクシーは進化しているなぁ~と感じたのでした。

私達が出発の搭乗手続きをしていた時のこと。娘にどうぞと、満面の笑みでミニバックパックを空港のお姉さんから手渡されました。なんと今日がブリティッシュ・エアウエイズの創設100年の日ということでした。いつものロングフライトですが、いつもよりも嬉しい気分で過ごせました。

writer ライター
ケーシー綾子
ファッションデザイナー、広告代理店、雑誌&HP編集、国内外のイベントプロデュース等様々なオシゴトを経験。現在はひょっこり授かった娘の育児に奮闘中。アートと自然を巡る旅が大好き。日常や旅先で出会う小さな発見に大感動するハッピーさん。