目の保養

編集部|2019年7月6日

先日、仕事で帝国ホテルの中にある
チェコの高級グラスメーカー「モーゼル」の直営店へ
新作発表会へお邪魔してきました。


ホームページのコピーを引用させていただくと、

完璧なハンド・クラフト技術による製造工程、独自のデザイン、
ほかに例を見ない色彩と、卓越した品質が世界的に評価されています。
欧米では王室、迎賓館などで広く利用され、
キング・オブ・グラスとして確固たる地位を築いています。

まさに、その通り。
繊細なカット技術と淡く透き通る色のグラデーションは
デリケートでありながらも、斬新だったり、印象的な色彩美をかもし出しています。
鉛を一切使っておらず、ブナ等の灰(炭酸カリ)を原料とした
品質の優れた無鉛のカリクリスタルを用いて作られているそうです。
技術ばかりではなく、こうした環境への配慮がなされている点も
超一流といわれる裏づけなのでしょう。

オブジェとしてだけでなく、飲み物を楽しむ時、植物を生けたりと
その人の暮らしに贅沢な時間を演出してくれそうです。

久しぶりに目の保養と、優雅な時間を過ごさせて頂きました。

やはり、長きに渡り愛され続けるモノというのは
確固たる企業理念や姿勢がブレていないこと。そして丁寧な仕事が
基盤となって生まれているのだなと再認識させられた一日になりました。

モーゼルクリスタル東京
東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテルプラザ 2F
営業時間 11:00〜19:00
定休日 不定休(施設休館日に準ずる)

writer ライター
編集部
射手座・A型、夫と2匹のネコと同居中
趣味のフライフィッシングをいつまで続けられるかが最大のテーマ。
昔流行った「脳内メーカー」によると
私の頭はすべて「食」によって構成されているようです。
しかし食以外でも、人の手が関わった仕事やモノ・コトが大好きです。