梅雨の晴れ間

編集部|2019年6月28日

文字通りの「梅雨の晴れ間」

久しぶりに信州へ出かけました。
早朝の高速が白々と夜が明ける頃。
立寄ったサービスエリアで空を仰ぐと
すばらしい朝焼けの空。

まさに曙色(あけぼのいろ)
夕方の茜色とはちょっと違うニュアンスで美しい。

雲があるぶん、空のキャンバスに美しい絵を描いたような
そんな美しい景色でした。

このあとは緑深い信州の森へと向かいましたが
高原は、梅雨を忘れさせてくれるような清清しい空気に
包まれていました。

ほんの2日間ではありましたが
私にとっては、久しぶりのヴァカンスを味わったような
そんな貴重な時間となりました。

writer ライター
編集部
射手座・A型、夫と2匹のネコと同居中
趣味のフライフィッシングをいつまで続けられるかが最大のテーマ。
昔流行った「脳内メーカー」によると
私の頭はすべて「食」によって構成されているようです。
しかし食以外でも、人の手が関わった仕事やモノ・コトが大好きです。