受け入れる

中館慶子|2019年6月1日


パソコンで「令和」と文字を打つことはあっても、手書きはまだない。
正確に言うと、どんな感じであろうかとメモ帳に試し書きはしてみたものの。
仕事上でも、もう西暦で統一しちゃおうかという周りの空気もあり、
平成のときと比べると書く機会は少なくなるのかな。

元号が変わっても、自分の中の決定的な何かが変わるわけじゃなし、
案外静かなものだ。
そうは思っていたのに、郵便物なんかを受け取って
書類に「令和」と記されているのを見るとドキッとする。
やっぱり、新しいものを受け入れるって思うほど簡単なことじゃない。
特に、自分が古い体質だからか、
ガラケーからスマホにしたのも昨年のことだ。必要に迫られて、やっと。
あれだけスマホは必要ないと豪語していたのに、
持てば持ったでもう手放せない。
最初から素直に受け入れておけばいいものを、意固地だなあ。

思えば、新しいことを強制的に受け入れさせらる作業ってのは
数年に一度はあるものだな。
消費税導入も受け入れた。地デジも受け入れた。スマホも受け入れた。
元号が変わり、またさらに消費税率のアップも受け入れざるをえない。

ただ、シャンシャンの返還だけは受け入れがたい。
ちょっと思い入れのある子だったから。

writer ライター
中館慶子
北海道生まれ。
仕事でもプライベートでも、どっぷり活字と深い仲。
よく食べ・よく飲み・よく眠り、
合間を縫ってはホットヨガでツリーポーズ。
走ることも大好きで、夢は、いつかはフルマラソン!
わくわくする場所は海と本屋さん。