好きな景色

編集部|2019年5月19日

早いもので5月もあと、10日あまり。
今月は、大型連休もあり時間の経過がとくに早く感じます。

さて、連休の数日は仕事で福岡へ行っていました。
小石原という焼きものの里への訪問でした。
当日は「陶器市」が開催されていることもあり
いつもは静かな窯元が立ち並ぶ土地ですが、沢山の観光客や
器の買い付け目的の方がたで賑わっていました。

福岡へは今年すでに3回訪れていますが
いつも気になっていながら足を運んでいなかったところへ
やっと行く事が出来ました。
久留米市の中心部にある「笹原城」です。

私は大きな建造物が好きで
お城もそのひとつ。
有名どころよりも、あまり知られていない、人が多くない場所がとくに好きなので
ここは私のニーズにぴったり嵌った場所でした。

江戸時代の久留米藩、約250年間を治めた有馬氏の居城跡で、その昔は笹原城の名で呼ばれていました。
今は平山城づくりの本丸跡が残され、見事な石垣や正面側の内濠に往時の雄姿をしのぶことができます。
また城内には藩祖豊氏を祀る篠山神社や歴代藩主の武具、工芸品などの有馬家資料を中心とした
久留米藩政資料を主に展示する有馬記念館があります。

筑後川を眼下に眺める小高い丘にそびえる立派な石垣の城址と、こちらの中にある篠山神社も
大きなご神木と周辺の緑に囲まれた、とても赴きのある神社でした。

それから、帰りの新幹線でいつもの好きな景色を満喫。

写真がいまひとつですが、宇部の工業地帯。
夕日に染まる瀬戸内海の穏やかな海と
大きな煙突群。
私にとって至福のトワイライトタイムでした。

writer ライター
編集部
射手座・A型、夫と2匹のネコと同居中
趣味のフライフィッシングをいつまで続けられるかが最大のテーマ。
昔流行った「脳内メーカー」によると
私の頭はすべて「食」によって構成されているようです。
しかし食以外でも、人の手が関わった仕事やモノ・コトが大好きです。