新しき時代のスタート

編集部|2019年5月2日


写真:大宰府政庁跡 だざいふ史跡探訪より

10連休の最中、
時代は平成から令和へと変わりました。

こちら、「令和」の元号の名前の由来にゆかりのある土地ということで
私の故郷の福岡県太宰府市がにわかに賑わっているようです。

どういうことか・・・
大宰府氏のHPによると、

「令和」は、645年の「大化」から数えて248番目の元号となります。

「令和」の典拠は、1200年余り前に編纂された日本最古の歌集『万葉集』に収められた
「梅花の歌三十二首 序文」にある、

初春の令月にして(しょしゅんのれいげつにして)、気淑く風和ぎ(きよく かぜやわらぎ)、
梅は鏡前の粉を披き(うめは きょうぜんのこをひらき)、蘭は珮後の香を薫ず(らんは はいごのこうをくんず)。

の文言を引用したもので、
「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味が込められた元号となっています。

このように掲載されています。

もともと、大宰府天満宮は菅原道真ゆかりの天満宮でもあり、飛び梅の名でも有名です。
また、周辺には7世紀後半から12世紀前半にかけて地方最大の役所「大宰府」が置かれ、
長きにわたって国の政治、外交、などの要衝であったことがわかる遺跡なども
多く残っているので、万葉の里として史跡をめぐる観光客も多くいらっしゃいますので
より一層、関心ごとが増えるのではないでしょうか。

さて、元号の名前に込められた思いのように
「令月」のように清新で「和(やわ)らぐ」時代となりますように願います。

writer ライター
編集部
射手座・A型、夫と2匹のネコと同居中
趣味のフライフィッシングをいつまで続けられるかが最大のテーマ。
昔流行った「脳内メーカー」によると
私の頭はすべて「食」によって構成されているようです。
しかし食以外でも、人の手が関わった仕事やモノ・コトが大好きです。