梅や桜や

aco|2019年4月6日

新元号の「令和」。
初めて聞いた時はぽかんだったのですが、名前の由来や意味を聞いて、
じわじわよいなぁと思うようになりました。

新春のひんやりとした空気も、梅の花の薫りも、そこに集う人々の和やかさも、
確かに、私の頭の中にもその情景が生き生きと描き出されたのです。

発表前の数日間は、どんな名前になるのかとても楽しみで、あれこれ考えたり、
他の人の案を聞いたり、存分に新元号フィーバーしましたが、
しみじみ感じたのは、みんな平和がずっと続くことを願ってるんだなぁということ。

ちょうど今は桜が満開です。
ふわふわの桜と、ちらちら舞う花びら、その下でお弁当を広げてのんびり食べている人達。

やっぱり日本はいい国、です。
このほのぼの感がずっと守られますように。

writer ライター
aco
長野県は飯田市で生まれ育ちました。その後は三重県やイギリスなどで数年間生活し、現在はアロマセラピストとして、吉祥寺で個人サロンを経営しています。大好きな吉祥寺での生活や、奥深い香りの世界、日々のトリートメントへの想いなどを綴って参りたいと思います。最近無性にトランポリンをしたいのです。どこかにトランポリン場がありましたらご一報下さい。

mooa ホームページ
http://mooa.moo.jp/