久々のハイク

コトヒラガクト|2019年4月3日


いい季節だというのに
春山にもいけずに居たところ
同僚がトレッキングを始めたいと相談され
どうみても初心者で、近くの低山にも上った経験がない奴だから
ここはありふれているけど「高尾山」にでもいくか?
と、聞いたら、生意気にも
「もっと人が少ないところがいい」との返し。

では、高尾山の至近距離ではあるが
ま、初心者にはいいだろうと
「景信山~陣馬」というコースを提案。
コースタイムは4時間程度だし、ま、ちょうどいいかな?

梅が終わり、山桜が咲き始める頃なので
気温も上がりそこそこ楽しめるだろうと思い
出発点の小仏へ・・・

しかし、この日は勘の戻りでかなり気温が低い。
同僚にもこの時期は気温が読めないことがあるから
休憩用に薄手のダウンや中間着は忘れずに!と伝えておいてよかった。

案の定、登山道には見事な霜柱がたっている。
日が差してくると、これが厄介な事に解けて歩きにくくなる。
前日のメールで「スパッツは忘れずに!」と伝えて置いてよかった。

春山は皆さんが思うほど甘くないものです。
少し標高が有る山では雪崩なども多く急な天候の変化で
雪や雷に遭遇することもあるので
くれぐれもご注意いただきたい。

われわれは、おかげで初心者も満足なハイクを楽しめる事が出来た。

writer ライター
コトヒラガクト
親の影響で幼い頃から山や川に慣れ親しんでいたので
今だにその影響が持続している40代の自由人
(仕事はしております)
特に、早朝の山と夕暮れの川の景色が好きです。
ちょっとのスキに、どこでもいいので自然が感じられるところへ
出かける時間を作っている。