痛風日和⑤ ノンアル生活

小李富|2016年5月21日

痛風発症から1か月以上が経った。
発症2週間で薬は半分、痛み止めは飲んでいない。
そもそも痛みを覚えたのは発症当日だけだったので、
まったく自覚症状がないまま過ごしている。

生活で変わったのは、魚卵などプリン体が多いものを摂らなくなったこと。
ほぼ1日1食だった食事を2回とるようになったこと。(薬を飲むため)
そしてノンアルコール生活になったことである。毎晩必ず飲んでいたのがうそのようだ。
ただし付き合いや、お茶や水では気分が出ないぜ、という場はある。
そんなときの味方はノンアルコールビール。最近は本当にうまくなった。
先日、近くのドラッグストアで、へんな名前のノンアルコールビールを見つけた。
「龍馬1865」。
プリン体ゼロで、味も悪くない。しかも有名メーカーのものより少し安い。

ノンアルコールビール龍馬

調べてみたら、製造・発売は、日本ビール。
青島ビールやインドのキングフィッシャーなど、
さまざまな国からの輸入だけでなく、日本でも製造しているらしい。
ネーミングがユニークで、「土方 歳三」、「近藤 勇」、「大隈 重信」、「パンダビール」、
「高杉 晋作」、「東郷ビール」、「吉田 松蔭」などがラインナップされているらしい。

ノンアルコールビール「龍馬1865」
これからもお世話になるとしよう。

writer ライター