やはり好きな花

ecru|2019年2月6日

立春をすぎ、街には鮮やかな色が溢れ始めました。

気持ちが上がる色たちに心が躍る事もあります。

でも、やっぱり私は「白い花」が好き。

ようやく買いやすい金額になった「ラナンキュラス」。
いろんな色がありますが、
どうしても白に目が行ってしまう。

ラナンキュラスという名前、
実はラテン語の「rana (カエル)」 から来ているそうです。
葉っぱが「カエルの足」に似ていること。。。
すでに葉っぱは切り落としてしまいましたが
確かにそういえば似ていました。

花を見ると優美で美しい姿なので「カエル」?って思ってしまいますが。

「ラナンキュラス」の花言葉は全体的には「とても魅力的」「華やかな魅力」ですが、色によってそれぞれ花言葉があると知りました。
赤のラナンキュラスは「あなたは魅力に満ちている」
白のラナンキュラスは「純潔」。
ピンクのラナンキュラスは「飾らない美しさ」。
オレンジのラナンキュラスは「秘密主義」。
黄色のラナンキュラスは「優しい心遣い」。

なるほど、とうなずくところもありました。

私は白と黄色が好きかな?

writer ライター
ecru
人工的ではない白・生成り
そんな色のモノをこよなく愛している私です。
趣味は家事。そして職業は主婦。
これも大事なことではないかな?と思っています。
この2つのキーワードってけっこう奥が深いのです。