浮遊するからだ

mon|2018年8月18日

連日の真夏の暑さの影響か、それとも疲労か、原因ははっきりしませんが、ここ1ヶ月くらい体調不良が続いていて、妙にふわふわした地に足がついていない感じがしていました。からだはそんな心もとない感じでも、実際は子供は夏休みで毎日家にいるし、諸々のやらなくてはいけないこともあり、あまりしっかりと休むこともできず、なんとなくふわふわしたまま、実家の方に帰省しました。

観光シーズン真っ只中の地元では、毎年恒例の気球に乗れるイベントがやっていて、ちょうどあそびに来てくれたお友達親子といっしょに、気球に乗ってみました。

外から眺めているのと、実際乗ってみるのとでは大違い。足元がふわふわした状態でも、本当のふわふわを体験すると、なんとなく衝撃で体験後は地に足がついたような気がしています。

写真は乗っている最中、気球の内側を撮ってみました。
この銀色のバーナーから火が出るのですが、思ったより大きい音がするため、思わずびっくりして声がでてしまいました。

writer ライター
mon
グラフィックデザインやイラストなどを生業としています。
山育ちののんびりやですが、現在は東京暮らし。
寒いのが苦手。夏は扇風機派。
いつも何かを作りたくて仕方がない性分です。

monpot
http://www.monpot.com