料理熱

ecru|2018年5月18日


先日、ちょっとお高いお店で食事をした。

色んなことを整理整頓したら
自分の持ち物の中で
一番多いものが料理道具だった。
そして、本も料理に関係あるものばかり。
時代物からサスペンスに至るまで
料理がフックになっている物語が多いこと。

どこまでも食いしん坊だと実感した日。
ひとつ今年の目標を持った。

「そうだ、料理を頑張ろう」
いまさらだけど、主婦だし、当然毎日ご飯は作るわけなのだけど。

もっと、丁寧に。
食材のもつ力や意味や可能性について
ちょっと深く頑張ってみようかと。

そのためにも、たまには本当に美味しくて
仕事をきちんとしている料理店で食事をするのは
決して贅沢ではないと言い訳しながら。

旬の素晴らしい素材の味と香りと
提供の仕方を実際に味わいながら自分なりに習得してみたいと
思ったのです。
料理学校はマンツーマンならいいのだけど
どうしても複数の人が集まるところでは
気が乗らないので。
さて、この料理熱。吉と出ますように!

writer ライター
ecru
人工的ではない白・生成り
そんな色のモノをこよなく愛している私です。
趣味は家事。そして職業は主婦。
これも大事なことではないかな?と思っています。
この2つのキーワードってけっこう奥が深いのです。