必要なこと

中館慶子|2018年5月6日

人間には、いやな気持ちを引きずらないために「夜の闇」が必要なように、
いまを実感するために「太陽の光」も不可欠なのだろう。

明るい気持ちばかりが続くわけではない毎日。
朝の身支度をしている心持ちは、
いつでも仕事の段取りや懸念事項や不安な要素ばかりがちらつき、
心臓が幾分はやく動いている感じがする。

それでも、玄関で靴を履くときにはいささか覚悟を決め
外を歩き出すとたとえ晴れだろうが曇りだろうが、心がすっと軽くなる。

外の空気は必要だ。

1日お休みがあるとして、
たまには部屋で過ごそうとは思ってはみるものの、
空気を感じるために、やはり足は外へと向かう。
休息よりも、休養が大事だと感じる今日この頃。

めいっぱい疲れた~と感じたら、
なんだかんだいっても、やっぱり私は海です。

writer ライター
中館慶子
北海道生まれ。
仕事でもプライベートでも、どっぷり活字と深い仲。
よく食べ・よく飲み・よく眠り、
合間を縫ってはホットヨガでツリーポーズ。
走ることも大好きで、夢は、いつかはフルマラソン!
わくわくする場所は海と本屋さん。