北ドイツ・オスナブリュック散策

しろくま|2018年5月1日

北ドイツのオスナブリュックは古くから続く歴史的な街です。

前に泊まった時は駅前のホテルでしたが、駅の前は何もなく、

街の中心は1.5キロほど離れていました。

今回はアウトシュタット(古い街)にある古いホテルに泊まりました。

趣のある建物、部屋も可愛くて気分が上がりました。

朝ご飯の前に街を散策しました。ホテルから出るとすぐに教会があり、

市庁舎と広場。買い物かごやバッグをもって歩いていく人たちについていくと

市場が大聖堂前の広場で開かれていました。

4月の半ば、丁度”Spagel”の季節です。市場の店に初物の白アスパラが積まれていました。

大聖堂を離れて城壁の外側まで歩くとモダンな建築物がありました。

地元出身の画家の作品が展示されている美術館でした。

 

ヨーロッパの古い建物を見ながらゆっくり歩くのは楽しかったです。

writer ライター
しろくま
熊代浩子
和歌山県出身
関心のあること:日本の森、映画、書道、フィンランド、フランス、健康