ずっと、これ

中館慶子|2018年4月17日

 

故郷と東京を結ぶ飛行機に乗り続けて30年。
手荷物は随分と省略することを覚え、
どうせ気心しれた家族か友人にしか会わないからと
服装もどんどん普通化し。
お土産さえも買ったり買わなかったり。

そんななかでもずっと変わらない
飛行機に乗る前の儀式がある。

それは、週間文春と万世のカツサンドの一番小さいのを買うこと。

飛行機に乗ってる1時間半の間に読んで、食べる。
機内サービスの珈琲とともに。
自分にジャストなサイズのルーティン。
この行為があるからこそ、
東京と故郷の気持ちの切り替えが出来ているのかな。

年老いた母親に会いに、今後は帰省が増えることになる。
いくらルーティンと言っても、
そろそろカツサンドはチェンジしようかな。

4月の室蘭、まだまだ桜は遠い。

writer ライター
中館慶子
北海道生まれ。
仕事でもプライベートでも、どっぷり活字と深い仲。
よく食べ・よく飲み・よく眠り、
合間を縫ってはホットヨガでツリーポーズ。
走ることも大好きで、夢は、いつかはフルマラソン!
わくわくする場所は海と本屋さん。