グルメな人の条件

中館慶子|2018年3月5日

 

友人が、生ハム専門店にわざわざ出向いて調達してくれた
超ウマな逸品を無遠慮にいただきつつ、
ワインを次々に開けていきながら、しみじみ思う。

みんな、グルメだな、と。

仲のいい友人の顔を浮かべると
食に興味のない人はおよそ皆無。
興味だけでなく、アンテナの張り巡らし方とか
おいしいものを目指す実行力とか、とにかくすごい。
自分などは、その確かな選択眼に身を委ねて
お店に連れていってもらうとか、
お呼ばれした際にご馳走になって感心しきりで終わるとか。
まあ、おいしいものの布教活動には向いていないのですが。

それでも、おいしいものが好き。

件の生ハムを用意してくれた友人曰く
「生ハムは切りたてが一番だから買って20分以内に食べなさい、
とお店の人に言われたんだけど、そんなの近所の人しか無理じゃない?
だから少し味が落ちてるのかもだけど」

って。すまなさそうに。
いや、じゅうぶんにおいしいのだけれど。

「じゃさ、なんならそのお店、
真空パックの商品も提供してくれたっていいのにね」
そんなセリフを吐く自分は
周りから絶対にグルメな人とは思われてないよな〜。

writer ライター
中館慶子
北海道生まれ。
仕事でもプライベートでも、どっぷり活字と深い仲。
よく食べ・よく飲み・よく眠り、
合間を縫ってはホットヨガでツリーポーズ。
走ることも大好きで、夢は、いつかはフルマラソン!
わくわくする場所は海と本屋さん。