早いものだ

コトヒラガクト|2018年2月18日

 

友人の結婚式用に、一緒に仕事をしていた時の

写真を探していると頼まれ、

クローゼットの中の写真の箱を整理していたら

こんなものが出てきた。

ちょうど5年前の3月だったかな、下北沢の再開発が始まった頃

小田急線が地下に入る前の最後の地上での写真を撮ったもの。

 

もう5年も経つのかと、少し驚いた。

この日は鉄道マニアだけではなく、下北の住人や

下北に通い詰めている人達が大勢集まり、

終電の時間には大騒ぎになったということを聞いたけど

自分は、ちょうど仕事の打ち合わせで下北に行ったので

タイミングよく写真を撮ることが出来た。

再開発で便利になることも多くあるのだろうけど、

駅のアナウンスで「新宿行き急行がまもなく到着します!」と

聞こえてから走れば、優に間に合ったあの頃のほうが

どんだけ便利だったことか。と、思う人は少なくないと思う。

 

便利は不便。まさにこんなことだな。

 

writer ライター
コトヒラガクト
親の影響で幼い頃から山や川に慣れ親しんでいたので
今だにその影響が持続している40代の自由人
(仕事はしております)
特に、早朝の山と夕暮れの川の景色が好きです。
ちょっとのスキに、どこでもいいので自然が感じられるところへ
出かける時間を作っている。