またまた。

鹿田直良|2018年2月2日

皆様、先日の大雪の日はいかがお過ごしになりましたでしょうか?
ワタシ東京の大雪は結構好きなんですが、ただ毎度毎度の交通麻痺だけはいただけません。
毎回、警報が出ているのにノーマルタイヤで走行。お決まりのスタックで大渋滞。
何度大雪を経験しても変わらない。
今回は少しはお勉強しているだろうと油断していましたが、
まんまとやられました。
最後の配達を浅草橋近辺で終え、雪もひどくなってきた午後4時くらいに首都高速に飛び乗って、まあまあ順調に走行。
が、六本木辺りでノーマルタイヤのワンボックスがスピン。車一台分のスペースが運よく空いてい たので何とかパス。
青山トンネルに差し掛かった辺りでがっちり渋滞に突入。
渋谷から先は通行止めになっているので、
全車強制的に渋谷で降りることに。
ところが、ここからが動かない。
結局4時間近く右手に渋谷のビル街を眺める羽目に・・・。
原因は案の定、出口車線にノーマルタイヤの高級車が立ち往生しておりました。

毎回のことですが、ノーマルタイヤで大雪の都内を走る「高級車」が多すぎます。
失礼を承知で言わせて頂けるのなら。
「1,000万の車に乗る余裕があるんなら、2〜30万のスタッドレスをケチるんじゃぁねえよ、ったく!けっ。」
と言ったところでしょうか。
大変、口汚 いことご勘弁願いますが、今夜(1月31日の夜)から、またまた積雪を伴う雪の予報が出ています。
ノーマルタイヤの車にお乗りの、日本にお住まいの皆様。
「さすがに今回は勉強したはず・・・・だよねェ?」
writer ライター
鹿田直良
鹿田直良(しかだ なおよし)
1965年生まれ
クリア・テック・シカダ代表
フライフィッシングとキャンプを愛し仕事に煮詰まると、シルバーアクセサリーを創り始める、不惑の歯科技工士