窯入れ準備

多羅尾 伴内|2018年1月29日

皆さん、お変わりありませんか!
おけおめ!から、一気に12分の1が終わろうとしてます。
2月も逃げる!で矢のように過ぎていくのでしょうか。

東京は先週は大雪で大変でしたね。
私はその2日前に、仕事で2時間の会議のために、日帰りで幕張往復でした。
北部九州も一昨日は、最低気温マイナス5度....ラニーニャの影響でしょうかねぇ...

さて、土曜日は初窯入れの準備で、釉薬掛けをしました。
最近は粉引に凝ってます。
粉引は、李氏朝鮮から伝わったもので、白い化粧土を素地に掛け、
素焼き後透明釉薬を施します。
使いこなすと貫入というひびが入り、また違った景色が楽しめます。
私が陶芸を始めたキッカケは、自分の作ったぐい呑みで酒を呑みたい思いです。
おちょこ以上湯呑以下がなかなかなかったから....

寒い地方のお酒は美味しいですよねぇ.....
でも、福岡や佐賀の酒も美味です!
お薦めは、佐賀県鹿島市のお酒かな...是非、お試しを!

そろそろ、蔵開きの季節となりました。
この日記をしたためながら、福岡の萬代を呑んでます。
義父が好きでした....

酒なくて、なんで我が世の桜花...

では、寒い冬を堪能しましょうね。

writer ライター
多羅尾 伴内
酒と旅と歌をこよなく愛し、
それらが焚き火とともにあれば、千夜一夜の話を紡ぎ出す…
そんなステキな話をお伝え出来れば…遥か九州の地より、愛を込めて