東京の雪

編集部|2018年1月23日

昨日の東京は4年振りの大雪となりました。

降り始めたお昼過ぎは、たいしたことないと思っていたところ

つけていたラジオからは、

次々に入ってくる雪による影響の数々。

早く帰宅する人達で混雑するターミナル

商業施設から溢れてくる人の波

主要幹線道路の大渋滞と事故

とっさに、3.11のあの日が脳裏をかすめました。

あの日を経験しているのに、なぜか

東京に雪が降ると、必ずスタッグする車のせいで道路が大渋滞になったり

徐行や運休によって電車が予定時間に到着しないせいでイライラしたりしてる。

もっと、災害に対して学習出来ているかと思いきや

自分も含め、多くの人は「のどもと過ぎれば」と言った感覚なのだろう。

でも、地震みたいな予知できない災害とは違って

今回のような気象が原因の場合は備えと心得があれば

あまり大きなトラブルにならなくて済んだのでは?と思う。

とくに強く思ったのは、雪になることが分かっているのに

ノーマルタイヤで走っている車のこと。

昨日の首都高速のトンネルや主要箇所の大渋滞は

そういう車のトラブルが長時間の渋滞を引き起こしたと言う事実です。

東京は雪に弱い。

ではなく、理解がなさすぎなんだと思った一日でした。

まだ雪がそこらじゅうに残っています。

皆さん、どうか足元に気をつけてお出かけくださいね。

 

 

writer ライター
編集部
射手座・A型、夫と2匹のネコと同居中
趣味のフライフィッシングをいつまで続けられるかが最大のテーマ。
昔流行った「脳内メーカー」によると
私の頭はすべて「食」によって構成されているようです。
しかし食以外でも、人の手が関わった仕事やモノ・コトが大好きです。