コウノトリ

編集部|2017年10月17日

仕事で京都へ一泊二日で出かけてきました。
京都と言っても市内ではなく、「丹後」です。
丹後というとなんと言っても思い浮かぶのは
日本三景のひとつ「天橋立」。

ずっと行きたかった場所でした。
約8000本の松と白い砂浜が造る美しい景観は
間近でも充分楽しめますが、
少し離れた高台から望むと、それは美しい姿を目にすることが出来ます。

四季折々に色んな表情の姿が楽しめるのだろうなと実感しました。

それから、もうひとつの出会いがありました。
それは、天橋立からすぐの与謝野町加悦谷の田んぼで
とても幸運なことに「コウノトリ」を見ることが出来ました。


このあたりの田んぼは減農薬で生き物に優しい稲作をしている農家さんが増えてきていることもあり、
コウノトリが安心して餌をついばめる環境だということなのでしょう。

それにしても、めったにお目にかかれないというコウノトリを間じかで
観察することが出来て、なんだか幸せな気分でした。

京都と言っても、市内の観光地ばかりが京都ではないのです。

まだまだ、私の知らない京都や別の土地に素晴らしい景色に
もっともっと触れたくなった。
そんな2日間でした。

writer ライター
編集部
射手座・A型、夫と2匹のネコと同居中
趣味のフライフィッシングをいつまで続けられるかが最大のテーマ。
昔流行った「脳内メーカー」によると
私の頭はすべて「食」によって構成されているようです。
しかし食以外でも、人の手が関わった仕事やモノ・コトが大好きです。