野鳥のサンクチュアリィ

樋口 陽子|2020年5月26日


職業柄、動物を飼うことは控えてきました。(今は、芝犬のクーがいます。)
ただ、野鳥に餌をあげて、庭に来るのは有りかなと、いらない雑穀をもらって、
庭に撒いてスズメが来るのを見てほのぼのしたり、
巣から落ちてしまったスズメの雛を拾って、3日ほど餌をあげた事が有ります。

八幡様の隣の家は、朝からとても美しい声でなく野鳥(ヤマガラ らしい)、
夕方たくさん集まってくるスズメ、ここ2、3日はツバメも来ています。

家人に餌台があると嬉しいと言ったら、あっという間に作ってくれ、
水盤を乗せる台をさらに 生き物に詳しい友達に聞いた情報を言うとちょこちょこ改善してくれて、
庭の木立の中に餌台と設置できました。

今のところ、残ったご飯とか、食べないりんごなど置いて、来てる来てると喜んでいます。

が、土曜日の新聞にヒマワリの種で、ヤマガラが手に乗るようになったと書いてあり、ちょっと欲が出てきました。
友人からはご飯ではなく、米をあげたほうが良いとは言われているので、、、、、、投資?するか 悩み中です。

そして、今 ちょっと外に出たら、二階のトイレの換気扇の上にツバメが巣を作っているのを確認できました!!!!
家人とトイレの換気扇を回さないようにするのは、どうするか?など 話しています。

また、友人からシジュウカラは、動物の毛を巣に使うと言われ、
芝のクーの毛は現在生え変わり中なので、集めて餌台に置いてみようかと、、、、
そうやって、たくさんの野鳥を勧誘?中です。
先日図書館で見たとても可愛い、そして、鳴き声が書いてあった本を借りてこようと思います。

夜はカエルの大合唱ですが、昼は水の音と鳥の鳴き声がBGMです。

writer ライター
樋口 陽子
1968年 東京生まれ 
生業 料理人
好きなこと 寝ること、食べること、
本を読むこと。好きな料理 発酵食品(漬け物とか、梅干しとか、味噌とか)
マイブーム 着物
好きな家事 アイロンがけ
好きな風景 修行した仏アルザスの小村に続く道のカーブを曲がったときに見える村
北海道然別湖の蒼い湖面・星野道夫さんのアラスカ
好きな作家 宮部みゆき、D・ギルマン、池波正太郎、河惣益己、小野不由美など
いつも聞いているのはJ-WAVE(もうちょっと音楽をたくさん流して欲しい)
やってみたいこと サハラ砂漠縦断