今年最後の

コトヒラガクト|2019年12月30日

つい、先日
会社からの強制的な休暇を貰い
山へ向かった。

低山ながら、待望の雪道を歩く事が出来た。

やはり、雪の上を歩くのは気分がいい。
しかも天気は快晴という申し分のない日。

早いもので、今年も残すところ2日となった。
仕事場では、やり残している事がないかをチェックし
来年のカレンダーを準備し、新しいスケジュール帳には
2020年初めの予定を書き込むことになった。

この一年を振り返りながら登山をしていると
なんだか、忙しいばかりで、何かひとつでも結果を残せたかな?と反省ばかりだ。

でも、最後に雪がついた山へ来れた事はささやかだけど
良い一年の締めくくりとなったのではないかな。。。
最近、歳のせいか「ささやか」でも、実は、自分の人生にとっては
とても大切な積み重ねであることに気づかされる事が多くなった。

その事にも気づけたことは自分にとって
素晴らしいことだと思ったりしています。

では、皆さんよい年をお迎えください。

writer ライター
コトヒラガクト
親の影響で幼い頃から山や川に慣れ親しんでいたので
今だにその影響が持続している40代の自由人
(仕事はしております)
特に、早朝の山と夕暮れの川の景色が好きです。
ちょっとのスキに、どこでもいいので自然が感じられるところへ
出かける時間を作っている。