久しぶりの台湾

Granscape 大石剛正|2019年9月30日


先日、友人の誕生会出席のため、台湾に行ってきました。
2泊3日の短い時間でしたが、
主催の方のご厚意により観光バスで効率よく観光地を巡ることができ、
短いながらも充実した台北旅行と相成りました。

しかしその昔、オランダやスペイン、日本の統治下にあったり、
今も中国本土との関係に翻弄されたりと、複雑な過去を背負っている地だなと、
なかなか考えさせられる旅でもありました。

旅の最後はランタン上げ。
日本ではなかなかできない体験に台湾の懐の深さを感じました。

美味しいものと笑顔と豊かな自然にあふれる台湾。
今度はもっとゆっくり、ディープそうな田舎のほうに遊びに行きたいと思います。

writer ライター
Granscape 大石剛正
佐賀県生まれ
1級造園施工管理技師、グランスケープ(有)代表
大学で環境科学を学び、文部技官として地質・地震学の研究を経て、再び大学院にて陸水学を修める。その後環境アセスメント調査会社で屋久島をはじめ日本全国をフィールドワークで廻る。
ランドスケープの世界に入り、それまでの経験を生かし自然さを大切にした
数々の庭園デザインと施工を行う。

Granscape ホームページ
http://www.granscape.com/