TOPICSトピックス

旬のご馳走 ビーフフォンデュ

チーズとお肉を合わせて食べることで、鉄分アップ!女性におすすめのメニュー。大人数でも、手軽に用意できて、楽しみながら食べることが出来るのでこれからのパーティシーズンに、ワインと共に楽しんでみてはいかがでしょう。

ビーフフォンデュ

ローストビーフ

牛もも肉400g~500gのブロック

1 牛もも肉は2、3時間室温に戻す。
2 フライパンに油をひき、肉を入れる。前面に焼き色をつける。
3 中弱火にしてフライパンには蓋をして、転がしながら10~15分位焼く。
4 火から降ろし、アルミ箔で包んで、休ませる。


チーズフォンデュ

<材料>
グリュイエルチーズ、エメンタールチーズ合わせて400g
コーンスターチか小麦粉大さじ1
白ワイン(辛口)1cup
キルシュ(さくらんぼのお酒)※大さじ1
にんにく1片
ナツメグ、白胡椒適量
※なくても構いません。
<チーズフォンデュ用の野菜>
ミニトマト水で洗ってヘタを取る。
ブロッコリー、かぼちゃ洗って、1口大に切り、蒸す。
バケット2cm程度の角切りにする。
ローストビーフ1.5cmの角切り、またはスライスする。

1 チーズはシュレッド状におろし、コーンスターチか小麦粉をまぶす。
2 鍋ににんにくをこすりつけ香りをつける。白ワインを入れて、沸かす。
3 中火にして、チーズの半分を入れ、よく溶かし混ぜる。溶けたら、残りとキルシュを入れ、よく溶かし混ぜる。ナツメグと白胡椒をお好みで加える。
4 まんべんなく溶けたら、野菜やパンに絡めて食べる。


料理制作:樋口洋子 Yoko Higuchi

東京調理師専門学校卒業。ホテル厨房勤務を経て、フランス・アルザス「メゾン・フェルベール」にて1年間住み込み修行。地方料理を含めた普段着のフランス料理を学ぶ。帰国後、日本ソムリエ協会認定「呼称資格」を取得。現在は、添加物、農薬、薬膳、マクロビオティック、食事による抗がん治療、放射能などの知識を生かし、「ケータリング・ビストロソレイユ」でオーガニックフレンチを提供している。

ケータリング・ビストロ ソレイユ
http://www5b.biglobe.ne.jp/~Y-Soleil/

オージー・ビーフに含まれる
鉄分について、ワンポイントアドバイス!

オージービーフ

女性の元気に、鉄!!

女性の元気の素、鉄!
仕事や家事、育児など、いくつもの役割をこなす女性は、ほとんどの人が疲れている、疲れが抜けないということがわかっています。もしかしたら、その疲れやだるさは鉄不足と関係しているかもしれません。
鉄は身体のすみずみまで酸素運搬の役割を担っている、血液中のヘモグロビンを構成する重要なミネラルです。鉄が不足すると、酸素が体内に行きわたらなくなり、身体のあちこちに不調の症状があらわれてしまいます。

女性は鉄不足になりやすい?
鉄は、身体の基本的な機能を担っているのに不足しやすい栄養素の代表。厚生労働省の国民健康・栄養調査(2015年度)によると、女性のほとんどの年代で1日に必要な推奨摂取量を満たしていないと同時に、摂取量は年々減少の一途。現代女性は慢性的に鉄不足です。

鉄不足の救世主「赤み牛肉の鉄」
オージー・ビーフは吸収の良い「ヘム鉄」を豊富に含んでいます。(プルーンの2.5倍)しかもタンパク質は鉄の吸収を高めますので、良質なたんぱく質も一緒に取ることができる赤み牛肉の積極的な摂取は、女性の鉄チャージに効果的です。

オージー・ビーフ週に2~3回おすすめします
鉄は、元気のために常に意識を持ちたい栄養素ですが、残念なことに「食べ貯め」ができません。もっとも大事なことは「いつも十分な量を摂ること」、「安定した量を保つこと」です。手軽で効果的に鉄が摂取できるオージー・ビーフをご活用ください。

  • facebook
  • twitter