COLUMN連載コラム

市松模様の工芸品

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの新しいエンブレムが市松模様に決まりました。
日本の伝統色である藍色で、粋な日本らしさを描いた、すっきりとしたデザインですね。

江戸中期、歌舞伎役者佐野川市松が、色の違う二色の正方形または長方形を、互い違いに並べた模様の袴(はかま)を舞台で愛用し、これが庶民にも大流行したのが市松模様の始まりと言われています。
しかし、江戸時代以前でも石畳模様と呼ばれていて、家紋のデザインに使われたり、古くは古墳時代から使われていた記録もあるそうで、この模様と日本人との歴史はとても古いのだそうです。
日本以外でも世界中で使われているこの模様。英語ではチェッカーと呼ばれ、カーレースのゴールで振られるチェッカーフラグは誰でも一度は見たことがあるはずです。

そんな、歴史があり、今もなお日本人に愛され続けている市松模様の和風アイテムをピックアップしてみました。


市松小皿

市松小皿
share with Kurihara harumi
(シェア ウィズ クリハラ ハルミ)
価格:各540円(税込) サイズ:径(約)12cm

市松模様をほどこした花形の小皿。和にも洋にも使える便利な一枚。取り皿としてはやや小ぶりのサイズですが、使いやすいデザインです。

ゆとりの空間 日比谷店
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ2階 地図
TEL 03-3504-1060(直通)
http://www.yutori.co.jp/shop/restaurant/hibiya.html


4寸三段重

4寸三段重 S-LINE
価格:5,000円(税抜)

シルバーにブラックとゴールドのラインがデザインされたモダンな市松模様のお重箱。洋風の料理を詰めても映えそうなすっきりとした印象です。

黒江屋
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-2-6 黒江屋国分ビル2F 地図
TEL 03-3272-0948/FAX 03-3281-2840
http://www.kuroeya.com/index.html


市松白檀 季節重

市松白檀 季節重
価格:38,000円(税抜)
サイズ:230mm×115mm×178mm
品質:木製・漆塗

お正月に限らず、おもてなしの席などにも重宝なお重箱。伝統的な漆塗りの季節重とモダンなデザインの三段重それぞれの用途に合わせて使い分けるといいですね。

黒江屋
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-2-6 黒江屋国分ビル2F 地図
TEL 03-3272-0948/FAX 03-3281-2840
http://www.kuroeya.com/index.html


綿絽 市松

綿絽 市松
価格:37,000円(税抜)
(反物価格)

天保13年(1842年)の創業以来、多くの着物ファンを魅了し続けている竺仙の上質で着心地が良い綿絽の浴衣です。白と紺の市松模様が見た目にもさわやかで涼しげです。

株式会社 竺仙
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町2番3号 地図
TEL 03-5202-0991/FAX 03-5202-0995
http://www.chikusen.co.jp/


手拭 市松

手拭 市松
価格:1,512円(税込)

市松柄の手拭は手元を少しだけ濃い気に見せるアイテム。男性にも女性にも、気軽にお使いいただけそう。ちょっとしたプレゼントにもいいですね。

株式会社 竺仙
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町2番3号 地図
TEL 03-5202-0991/FAX 03-5202-0995
http://www.chikusen.co.jp/


市松 大皿

市松 大皿
対角35×32cm・高さ:3.5cm
価格:16,200円(税込)

独特の渋さを持つ緑の織部釉とやや赤みがかった白の志野釉で塗り分けた、職人の手仕事を感じさせる器です。

たち吉
京都府京都市下京区四条通富小路角立売東町21番地
TEL 075-211-3143
http://www.tachikichi.co.jp/


  • facebook
  • twitter